11≪ 2012/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-28 (Fri) | 小太郎さんのおはなし。 | COM(8) | TB(0)
こんにちは!

「こんにちは。小太郎です
みなさん、素敵なクリスマスを過ごしましたか?
ボクも、楽しいクリスマスでしたよ



クリスマスチキン?

「クリスマスといえば、チキンにターキー
ニャンコにだってお楽しみのスペシャルディナーですよ~」



サンタさんも来たよ♪

「良い子にしていたから、サンタクロースだってちゃんと来てくれましたよ。
欲しいもの、お願いしておいたんだ


楽しい〜♪

「イャッホゥ~♫」





「でも本当はね、サンタさんには一番にお願いしていた事があるんだ。


「それはね。おとーさん、おかーさんと3人でパーティしたいってことなんだ。
願いが叶って、2人は外ゴハン止めてお家でパーティしてくれたよ。
新しいオモチャでいっぱい遊んでくれたしね。
サンタさん、ありがとう


「あ。おかーさんは久しぶりに缶チューハイ1本呑んで、すぐに眠たくなってしまったっていうのは・・・みんな!ナイショだからね!
スポンサーサイト
2012-12-17 (Mon) | 映画・本・TV | COM(4) | TB(0)
最近あまり本を読んでいなかった私にとって、入院生活は久々の読書タイムとなりました。

義母が猫の写真集を差し入れしてくれたり、妹が買ったばかりの「謎解きはディナーの後で」を貸してくれたりもしましたが、自分では2冊の文庫本を持っていきました。
ひとつは手帳術の本だったのですが、もうひとつはこの小説。

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]
価格:700円(税込、送料別)



病気中だから重いのとか怖いのじゃなくて楽しい話がいいな~と思って選んだんですが、正解

デパ地下の和菓子屋さんに勤める個性的な面々と、何かを抱えてそこへやってくるお客さん達の物語。
真ん丸で愛らしくって賢いアンちゃんは私の中では、柳原加奈子ちゃんのイメージ。
イケメンなのに中身は乙女(オネエではない)な立花さんは松坂桃李くんとか、どうかな?
普段は上品なのに株の事になると人が変わる椿店長や、小柄で可愛い女子大生と思いきや実は元ヤンな桜井さんは誰だろう~?

読んでいると和菓子屋さんに走りたくなるのは勿論だけど。
医療のスペシャリストに囲まれて和菓子のスペシャリストのお話を読んでいると、自分もこんな風に仕事できたら良いのだけれど・・・な~んてことを考えたりもしていました。
2012-12-15 (Sat) | 小太郎さんのおはなし。 | COM(4) | TB(0)
療養中ですから、時々近所へ買物に行く程度でほとんど家の中で生活しています。
こんなに一緒に過ごせることなんてないから、小太郎さんもゴキゲンです

いっつも2人は一緒にいますよ~

でもね。。。

ソファー

ちょっとソファーで横になってTVでも見ようかと思ったら、先に寝てるし。

読書

じゃいいわ~、別の場所でゴロ寝しながら雑誌でも読もう~っとと思ったら、やっぱり取られちゃうし。

ちょっと・・・・・一緒というより邪魔してませんか?
2012-12-14 (Fri) | 美容と健康 | COM(8) | TB(0)
12月5日に無事退院し、現在自宅療養中です。
お腹の傷はかさぶたのような状態になっています。
傷口・・・というより傷の両サイドの筋肉が痛い、という感じがします。

退院して1週間後に外来の受診があり経過に問題がないので、入浴や復職等に関してOKがでました。
普段の生活のほとんどの事について、自分が辛くさえなけりゃ特に制限はないですよ~との事でした。
まぁ、ただ季節的にね~、除雪はやめといた方がいいんじゃない?とは言われましたが
病理検査の結果も問題なかったので、この日初めて聞くような目新しい話は特にありませんでした。
(というか~術後の回診からそうなんだけど、良性だったし~!キレイさっぱりとっちゃったし~!経過も問題ないし~!は~い!終了~!ってくらい簡単で・・・先生にとっては簡単な事例だったかも知れないけど私にとっては一大事だし、あんなにヤキモキさせられたんだし、もうちょっとゆっくり話そうじゃないか~って感じだったんですが(笑))

この日、ずっと心にひっかかっていたことも聞いてみました。
「卵巣腫瘍はそんなに見つけられないんですか?
 検診等で見つけることはできないんですか?」と。
婦人病に関しては、乳がん・子宮がんについては検診があります。
でも、卵巣はどうしたらいいの?
先生の答えは、「(子宮がん検診の時や内診で)偶然見つけるしかない」との事でした。

前の記事で書いたとおり、私は異変を感じて2軒の病院へ行っています。
お腹が痛くて婦人科へ行った。当たっていますよね?
「私は、左の卵巣が痛いのです」と言わなければいけなかったのでしょうか?
病院へ行く時に「自分は十二指腸の調子が悪い」などと臓器の箇所を的確に言える患者なんているんでしょうか?
チョコレート嚢胞は期間が経つと(そんなに高確率ではないが)癌化することもあるし、その確率は40才を超えた患者で腫瘍が10センチ以上になると更にあがってしまう、と書いてあるものも目にしました。
隅々まで調べて頂いて私は結果的に良性でしたが、もしも悪性だったら・・・?
2軒の病院へ行った日から経過してしまった月日を考えると、今頃死んでたんじゃないの?
納得いかないな~~~と思いましたが、目の前に居るのは見逃した医者ではなく助けてくれた先生ですからこの先生にぶつけても仕方ありませんし。。。

少なくとも、自分たちでできることといえば・・・
男性も女性も、健康診断はしっかり受けるようにしましょうね
女性は、乳がん・子宮がん検診もね
そして、子宮がん検診では自分からひと声かけて卵巣が腫れていないかもしっかり気を付けて診てもらいましょう~
納得いかない事があれば、何軒でも受診しましょう。それは迷うことだと思いますが、私のような事例もあるんです。
結局、自分の身体を守れるのは自分だけなんだから。
2012-12-13 (Thu) | 美容と健康 | COM(4) | TB(0)
術後3日目以降にもなると、多少疲れやすくはあるもののかなり動き回れるようになっていました。
私の場合、患った卵巣は摘出してしまっているので継続した投薬治療とかがある訳じゃないし、片方は残っているのでホルモンバランスやむくみに関するフォローを必要としているわけでもなく。
先生の回診も、他の人に比べてかな~り簡単
大きい病院だったので、もっと大変な人がいっぱいいたし。

術後3日目の朝から普通食になりました。

普通食

ここの食事は美味しいけれど、あんまりバリエーション豊富ではなかったなぁ~
朝も昼も夜も、魚・煮物・お浸しかゴマ和えの小鉢・キャベツか白菜の味噌汁・・・っていうのがしばらく続いて飽きてきた~と言っていたら、聞こえていたのか?!次の食事はちょっと違った味付け。

普通食2

お肉だぁ~
煮物とキャベツの味噌汁は付いてますけどね。

>> ReadMore
2012-12-12 (Wed) | 美容と健康 | COM(0) | TB(0)
手術が終わって一晩は、まだ頭もボンヤリ。熱も高いし身動きもとれないし、いったいいつまでこんな感じなんだろう~と不安もいっぱいでしたが、朝になるとかなり楽になってきました。
この日の朝食から五分粥の食事がでます。

術後食

さすがに朝食は写真に撮る余裕が無かったので、これは昼食です。
でも、朝食も似た様な感じ。
重湯・味噌汁の上澄み・ジュース・・・みたいな全部液体!って食事を想像していたので、かなりビックリ
朝はまだほとんど食べられなかったのですが、昼になると既に起き上がって歩いていましたので食事もたいぶん摂ることが出来ました。

午前中には、まず足の血栓予防の機械をはずし、9時か10時くらいになると診察があったので起き上がり、歩けそうだということで尿管が外れ、お昼過ぎには点滴が終わり・・・とどんどん身軽になっていきました。
昼から母が、夜には旦那が来てくれたので、術後の家族説明の内容を教えてもらいました。
(ただし、実母は心配のあまり手術室の前に行ってみたりウロウロしていて説明を聞き逃し、義母は「大丈夫だって~」ということしか覚えていないので詳細がわからず、かろうじて旦那が「チョコレート」という単語を覚えていたので、3人の話を繋ぎ合わせて何となく理解した・・・って感じでしたが
調子にのって動いていたせいか、夜になると熱が上がっていました。

術後2日目は、五分粥から全粥に。

全粥

全粥になると量も多い
実は、お粥キライなのでこれはツライ・・・
この日はオカズばっかり食べていました
本当はこの日からシャワーOKだったんですが、日中ずっと熱があったんでやめておきました。

旦那からは毎日、小太郎さんの写真が送られてきましたよ

おか〜さ〜ん


 
 「おかーさん、ボクを置いてどこに行ったの~


  早く、会いたいね。小太郎さん!


2012-12-10 (Mon) | 美容と健康 | COM(8) | TB(0)
遂に、この日を迎えました。

手術は昼からなので。
午前中は、部屋の移動(詰所に近い部屋に)をしたり、シャワーを浴びておいたり。
12時に居ればいいからって言ったのに、やっぱりギャラリー(旦那+義母+実母)は早くからやってきて。
12時頃に病棟の看護師さんが迎えにきて、着替えをして一緒に歩いて手術室へ。
(旦那達は私がストレッチャーで運ばれていくんだと思いワクワク?して待っていたそうですが、すたすた歩いて行ってしまったので気が付かなかったそうです)

手術室の2つの扉が開くと、TVで見たような光景。
台の上にあがって自分の名前・手術する部位を申告すると、台(ストレッチャー?)ごと運ばれて隣の部屋へ。
何人ものスタッフの方が一斉に私の身体に色んな器具を付けたりして、本人は何がなにやら・・・といった感じです。
友達が以前手術を受けた時に硬膜外麻酔がすっごく痛かったと言っていたのでドキドキしていたけれど、私の担当してくれた先生は上手な方だったのか注射のチクッ程度でした。
(先生に何度も何度も「痛くない?それ、痛くない?」と聞いていたため、「ほら、どう?痛くなかったでしょ?」と言われてしまった
そして全身麻酔のマスクがあてられ、1度目の呼吸ではまだ何の変化もないような気がして「え~?ちゃんと眠れるのかなぁ?」と思ったら途端にそこから記憶が途切れました

>> ReadMore
2012-12-10 (Mon) | 美容と健康 | COM(2) | TB(0)
11月27日。
いよいよ入院の日がやってきました。

午前中は旦那は都合がつかず、母に付き添ってもらいました。
実はこの頃はもう、身体の左側、前(お腹)も痛けりゃ後ろ(腰)も痛い・・・という状況で
この日の入院患者は皆同じ時間帯でやってくるので、エレベーター待ったり混雑しているのがかなり辛かった
病室に入り床頭台に荷物を収めたりして落ち着いたところで、母は帰宅。
独りになったところで、初めての病院ゴハン。

1.jpg

慣れてくると普通なんですが、この時点では「少なっ!」というのが第一印象。
美味しかったです。

この日は入院手続きをして・・・

診察&剃毛&おへそ掃除。
シャワーに入ったり。
麻酔科の先生やオペ看の方からの説明があったり。

手術の時間が正式に12時15分開始と連絡があったので、当日待機してくれる旦那・義母・実母にメール。
旦那は仕事が終わった後、面会に来てくれました。

夕食の時、私のお盆の上にはゴハンと一緒に経口補水液がドンと乗っていました
ペットボトルのOS-1が2本。ミルミル的なやつが4個。
これを翌朝10時までにゆっくりと飲んでいきます。
ミルミル的なやつ(笑)は、味もヤクルトとかミルミルみたいな感じで飲みやすかったです。
心配していたOSー1も、ムーベンみたいに不味くはなく大丈夫でした





>> ReadMore
2012-12-10 (Mon) | 美容と健康 | COM(2) | TB(0)
術前検査が全て終わったので、あとは入院前に婦人科での説明と麻酔科の受診がありました。
これは必ず家族同伴でとのことでしたので、旦那が休みをとってくれました。
この日は私の誕生日の翌日。
悪いバースディプレゼントを貰っちゃったらイヤだなぁ・・・と思いながら病院へ。


>> ReadMore
2012-12-10 (Mon) | 美容と健康 | COM(4) | TB(0)
入院&手術の日程が決まったので、それに合わせて術前検査がありました。

あ。記録として残しておきたいけれど、長いうえに楽しくない話題を何週間にもわたってひっぱっていこうとは思わないので、1日にまとめて何個か記事をあげていきます。
読んで下さる、という方は「>> ReadMore」で続きをご覧ください。
興味のない方は、もう暫くお待ち下さいませ。 >> ReadMore
2012-12-08 (Sat) | 美容と健康 | COM(4) | TB(0)
前の記事のとおり、毎月毎月立ち上がれないほどの下腹部の痛みに悩まされながらも、「これはただの生理痛。頑張れ、私!」と自分に言い聞かせて?過ごすこと1年5ヶ月・・・くらいかな。
11月はなんだか様子が違いました。
いつもは2日目・3日目というピークの時期さえ乗り切れば良かったのに・・・
5日目になっても、6日目になっても・・・

ところで、私、普段早起きなんですね。
平日は5時過ぎに起きます。
朝のうちに家事を済ませておくためなんですが、この頃は
朝お腹が痛くなるので何とか軽く食べて鎮痛剤を飲む、
       ↓
そして1~2時間薬が効いて痛みが治まるまでジッとしている 
       ↓
家事を済ませることはできないけれど、出勤時間には間に合っちゃう

・・・・・自分だけ辛いけれど、あまり世間には知られないという(笑)
なので、この時期には職場でも仲の良いごく一部の人しか私が体調悪いの知らなかったと思います。

それでまぁ、いつまでもここまで痛いなんておかしいぞ、と。
すでに2軒病院へ行っていたので迷ったんですけれど、ちょうど別件で受診していた総合病院の婦人科へ。

>> ReadMore
2012-12-08 (Sat) | 美容と健康 | COM(2) | TB(0)
去る11月28日、卵巣嚢腫のため開腹手術により左卵巣を摘出しました。
最終的な病理検査の結果を踏まえた説明は後日外来受診の時になるのですが、術後の家族説明の内容を旦那から教えてもらったところ、「チョコレートなんとか~」と言っていたので、チョコレート嚢腫(嚢胞?)ってやつなようです。

医学的な知識とかそういうものはまるっきりないので、単純に自分の体験記・忘備録としてですけれど、入院&手術の体験記?を残しておきます。
楽しい話題じゃない記事が暫く続きますが・・・よろしければ、お付き合い下さい。

>> ReadMore
2012-12-08 (Sat) | 外ごはん | COM(4) | TB(0)
9日間の入院生活を終え、12月5日に退院してきました~
開腹手術をしましたので、未だ姿勢を変える時とかに傷口が痛みますが、基本的にはとても順調に回復していると思います。
退院後の外来受診(1週間後)で最終的にハッキリとした結果をお伺いすることになるので、未だ自分でもよく判っていない部分も色々あるのですが、術後の家族への説明では良い結果であったと聞いているので、多分あとは手術の傷さえ癒えれば問題ないでしょう。
約1か月間の大騒動?はゆっくり記していくとして、今日は入院前の外食の話題。

納豆

こってりしたラーメンやスパイスの効いた専門店のカレーって暫く気分にならないだろうなぁ~と思って、入院前に食べ納め?SPIKYさんへ行ってきました。
スープカレー屋さんのメニューで今や珍しくはない納豆。
普段は、わざわざ高いお金出して外食で納豆は選ばないなぁ~と思っていたのですが、身体が弱っていると自然と優しい食べ物を欲するんでしょうか?この日は「納豆オクラ」(挽肉も入っています)が無性に食べたい気分。
カレーの辛さも納豆でちょっとマイルドになって、すごく美味しい
まぁ「外食ではあまり選ばない」というだけで納豆もオクラも好きな食材ですから、好みな味で間違いないんですけどね。
案外元気になってもまたこれを選びそう。ちょっとハマリそうな予感です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。