10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-07 (Mon) | 映画・本・TV | COM(4) | TB(0)
とっても気になっていた「プラダを着た悪魔」。
やっとレンタルになりましたね~♪
20070507225434.jpg



ジャーナリストを目指しNYへやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。
しかし夢と現実は程遠く、就職できたのは一流ファッション誌の「RUNWAY」。
カリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントという世界中の女性が憧れる仕事に就いたものの、当のアンディは全くのファッション音痴。
そして、ミランダはその横暴な態度で業界では知らぬ者はいないほどの悪魔だった。


面白かった
そして、カワユかった~
最初はダサダサなアンディがどんどんお洒落になっていって、嫌々だった仕事に次第にのめり込んでいく様子に引き込まれます。


ただ、ちょっとネタバレで申し訳ないんだけど。
最終的にアンディは「RUNWAY」を去ることになって。
そのシーン。私が20代の頃だったら、もしかしたら胸のすく思いで見たのかもしれないけど。
30も過ぎた私には、ちょっとそうともばかりは思えなくて。
ミランダじゃなくても働く女性はみな、何かを犠牲にしたり、心を鬼にして決断する場面に遭遇したりしながら生きている。
だから、アンディにはあそこで辞めて欲しくない気がして。
本来志す職種とは違ったんだから、1年後とかに辞めるなら別にいいんだけど。。。
大事なものを見失いかけたのは、環境じゃなく、問題は自分の中にあるんじゃないの?
私が私のミランダの元でアンディとは違う答えを見つけたから、そう思うのかな?


お洋服が欲しくなる。
明日からバリバリ働けちゃう気がする。
オンナのコ力はUPします。
女子は見るべき!

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。