07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-21 (Fri) | 習い事のおはなし。 | COM(2) | TB(0)
ちょいと遅ればせながら。
水曜日の料理教室は、鎌倉の不識庵から藤井まり先生をお招きして精進料理の特別講座でした。

VFSH0074.jpg


肉や魚は食べないっていうのは知っていましたが、「葷采」(ぐんさい)と呼ばれる刺激の強い野菜(ネギ・ニンニク・ニラなど)も食べないんだそうで、これは初めて知りました。
(今ネットで調べたら、修行の妨げにならないように精のつくものは食べない。とか、臭いが強く人を刺激するものは食べない。とか色々理由があるようです)

今回は特別講習ということで、あらかじめ下ごしらえされた材料を並べて説明という形だったので、あまり調理に参加する場面はなかったです。(通常より受講生も多かったし)
お皿代わりに使用した笹の葉をせっせと洗う私でした・・・
(写真は1人分。全部で36人おりました!さて、笹の葉は何枚でせう?)

今回頂いたものは、①新茶飯
            ②枝豆すり流し(汁)
            ③車麩のカツ(付け合せにキャベツとトマト)
            ④くるみ豆腐
            ⑤ほうれん草・のりあえ
            ⑥新じゃがのみそ煮
            ⑦プルーン・人参煮
            ⑧わらびの寒天寄せ
見た目も綺麗!食べても美味しい!
心もお腹も満足です
こーゆうのって女の人は結構好きですよね。
これだけ立派なものをおウチで作るのは難しいけど、精進料理の心は普段の食生活に少しでも取り入れていきたいと思いました。

そして食後にお抹茶を頂いたのですが、これも美味しかった
ちゃんとたてたお茶を頂いたのも初めて!!
ちょっと、お茶も習ってみたくなっちゃいました(^^ゞ
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。