05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-19 (Thu) | 映画・本・TV | COM(2) | TB(0)
昨日は、映画館のレディースディ。
気になっていた映画を見に行って来ました。

光州5・18


「光州5・18」です。(公式HPは、こちら。結構大きな音出るよ、注意)

1980年5月18日。
軍部が政権を握った韓国・光州市で民主化を求める学生を中心とするデモ隊と軍が衝突。
やがてそれは、一般市民を巻き込む大惨事へと発展していく。
光州市でタクシー運転手をしているミヌは、弟が目の前で射殺されたことをきっかけに闘争に加わっていく。


主役のミヌにキム・サンギョン。弟にはイ・ジュンギ。
市民部隊を率いるアン・ソンギ先生はやっぱり、渋い!
ともさかりえのお姉さんみたいな顔したヒロインも、最初はそうでもなかったけど、後半ウマイな~と思いました。

理不尽な戦いに巻き込まれる兄弟。家族愛。男女の愛。
なんとなく設定がウリオッパ、チャン・ドンゴン主演の「ブラザーフッド」に似てるかも・・・・・とも思ったけど、映画としてはこっちの方がいい映画な気が・・・
心に響いてくる感じが・・・

当時、この事件は厳戒な情報の統制により韓国内でも正しい報道がされることはなかったらしい。
ドイツ人記者により、海外で事件の詳細が報道されることとなったそうです。

この軍の最高権力者は、戦後の韓国元首として初めて来日した全斗煥大統領。
来日時のニュースはよく覚えていて、私の頭の中では韓国大統領と言って真っ先に思い出すのはこの人なんだけど、どんな国家元首であったのかは全く知らなかった。
すでに私が生まれて平和に暮らしていたとき、隣の国ではこんなことが起こっていたんだね。
元々歴史好きなもんで、韓国にハマってからは韓国の歴史にも関心を持ったところだったんで、興味深く見させてもらいました。
ただ、ラスト。その後、光州市民は軍はどうなったのか?字幕で説明があって終わるのかな?と思っていたのに全く無くって。
韓国人はわかってるから?いや、未だに真実は全部解明されてないんだから、それはないよね。
デリケートな問題だから、結末は描かなかった?
消化不良なんですけど~~~
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。