10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-11 (Thu) | 映画・本・TV | COM(6) | TB(0)
ダークナイト

バットマンシリーズの最新作・「ダークナイト」を観て来ました。
イギリスでは暴力シーンが子供に良くないと苦情殺到しているそうですが、確かに痛そうなシーン多いです
でも、「この後、どうなっちゃうんだろ~」と惹きつけるストーリー展開は、最近面白くない(と個人的に思っている)ハリウッド映画では久々の秀作に思いました。

理屈や理由などなく、ゲームとして人を傷つけるジョーカーの狂気。
正義の人として街の人達から支持され、自分でもそういう人間だと思っていたのに悪に転じてしまう、検事のハービー・デントの心。
ハービーの犯罪を人々が知ったら希望を失ってしまうから、と全てを背負うバットマンの覚悟。

これは、大人向けだわ。子供は見ないほうがいいシーンも多いけど、大人は見たほうがいいかも。

ほかにも、ジョーカーに爆破装置を仕掛けられた2つの船(1つには一般市民が、もう1つには囚人が乗っている)がそれぞれ相手の爆破ボタンを持たされ、「先に押した方を助けてやる」と言われる場面の結末は深いな~と思いました。

映画ではジョーカーは死んでないから続きができそうなんだけど、役者さん(ヒース・レジャー)の方が亡くなってしまったのよねやっぱりヒース・レジャーにやって欲しいから、残念です・・・

ちなみにこの映画、香港のお騒がせ俳優エディソン・チャンのハリウッドデビュー作としても(ちょっとだけ)話題ですが、アルマゲドンの松田聖子並の出演時間でございました・・・


スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。