08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-17 (Mon) | 映画・本・TV | COM(4) | TB(0)
最近あまり本を読んでいなかった私にとって、入院生活は久々の読書タイムとなりました。

義母が猫の写真集を差し入れしてくれたり、妹が買ったばかりの「謎解きはディナーの後で」を貸してくれたりもしましたが、自分では2冊の文庫本を持っていきました。
ひとつは手帳術の本だったのですが、もうひとつはこの小説。

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]

【送料無料】和菓子のアン [ 坂木司 ]
価格:700円(税込、送料別)



病気中だから重いのとか怖いのじゃなくて楽しい話がいいな~と思って選んだんですが、正解

デパ地下の和菓子屋さんに勤める個性的な面々と、何かを抱えてそこへやってくるお客さん達の物語。
真ん丸で愛らしくって賢いアンちゃんは私の中では、柳原加奈子ちゃんのイメージ。
イケメンなのに中身は乙女(オネエではない)な立花さんは松坂桃李くんとか、どうかな?
普段は上品なのに株の事になると人が変わる椿店長や、小柄で可愛い女子大生と思いきや実は元ヤンな桜井さんは誰だろう~?

読んでいると和菓子屋さんに走りたくなるのは勿論だけど。
医療のスペシャリストに囲まれて和菓子のスペシャリストのお話を読んでいると、自分もこんな風に仕事できたら良いのだけれど・・・な~んてことを考えたりもしていました。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。